NASU代表、前田高志の旧ブログより転載した記事です。現在は休止中のサービスですが、ご興味のある方はこちらよりお問い合わせください。

なかなか良い感じの「プロフィール写真」に仕上がった。

プロのカメラマンに恐れ多いが、先日とある方のプロフィール写真をカメラマンとして撮影してきた。仕事として初めての経験だったが、なかなか思い通りの写真になって内心ほっとしている。 

naririn_nasu-note_header

なぜ、デザイナーの僕がプロフィール写真撮影をすることになったかというと、11月に開催した前田のデザインセミナーでのこと。

セミナーの1コーナーとして「愛のダメ出し企画」を実施した。
デザインのダメ出しを公開でやってしまおうという企画。公開処刑である。

手を上げてくれたのは、営業コンサルタントである大倉成人さん
プロフィール写真にダメ出しして欲しいとのこと。

大倉さんは以前から知り合いでもあったし、加えて、つい1ヶ月前にプロフィール写真を変更したばかり。

すごく気を使って言葉を選びながらダメ出しをした。「大倉さんの良さが出ていない」「方向性が違います」と伝えた。

するとセミナー後すぐ、正式に大倉さんからオファーがあり写真撮影をすることになった。

↓以前のプロフィール写真はこちら

naririn_nasu-note_before_s

この写真をセミナーでダメ出しをする以前にFacebookで見たことがあった。失礼ながらこれを見た瞬間「この写真、ダメだ」と思った。

その後、「もっとこうしたら」「あーしたら」と改善方法がぐるぐる頭の中をかけ巡る。デザイナーの一種の職業病…。

街中で遭遇するデザインにも、頭のなかで常にダメ出しをしている。この写真が「だめだ」と思った点は以下の通り。

  • メイクとライティングが大倉さんにマッチしていない。
  • 洋服サイズが合っていないのも作られた感がする。
  • 近視レンズによるズレが気になる。
  • 最適なアングルではない。

なにより自然さがなくウソで固められたものに感じてしまった。
普段の大倉さんはこんなんじゃない気がすると思ってしまう。

そこに信頼は生まれない。この写真はきちんとした写真スタジオでメイク込みでプロのカメラマンに撮影してもらっているとのこと。

写真とメイクは間違いなくプロだが、「見せ方」をコントロールできていない。写真スタジオは決まったフォーマットでサービスを展開してるだけなので、カメラマンの質が悪いという訳ではない。

女性タレントやモデルさんなら、メイクをしてスタジオセットで撮影する方が断然良い。
今回の大倉成人さんの最適な「見せ方」にマッチしていなかっただけ。

プロフィール写真はただ撮影するだけではだめ。正しいディレクションが必要だ。

artdirector

僕の名刺にはアートディレクターという肩書きが入っている。
「見せ方」のコントロールをする役割、最適な「見せ方」をディレクションする仕事だ。

今回の大倉さんには違う方向のベストな「見せ方」がある。はじめて大倉さんの写真を見た人がどう感じるか、どう感じさせたいかを設定して「見せ方」をコントロールする。
見る人に伝えるべきポイントは以下の3つ。

  • 大倉さんの人柄(やさしい・温和・おとなしい)
  • 大倉さんのウリ(口下手だけどトップセールスになれるノウハウと知識)
  • 付加価値(外見の男性的な魅力、コンサルティルタントとしても見え方)

情報発信やプロモーションで気をつけないといけないのは「盛らないこと」。不安のあまりついつい背伸びをしすぎると不自然・違和感を与えてしまう。

「良いところ」を誠実に伝えるのがアートディレクションの役割であると思っている。

撮影に向けて

ただ単に撮影をするだけではなく、撮影に向けていくつかの準備をした。
まず、大倉さんのスタイリング。スーツにネクタイは避ける。

大倉さんにはハマりすぎるので普通のサラリーマンになってしまう。
堅苦しくなく遊び心ある人間に感じられるようなスタイリングにしたい。

メガネとジャケットとシャツを指定し、メガネとシャツはわざわざ撮影のために購入してもらった。

メガネは近視レンズ越しに目が小さく見えるのため、レンズに度が入っていない伊達眼鏡がいい。JINSで大倉さんに似合いそうなフレームを見つけて指定した。

実は、髪型とメガネは所ジョージの「見え方」を参考にしている。
イメージを固めるためにネットで画像を探す。この時、撮影する時のポージングも想定している。

urf-16s-219_197_01_13
画像引用:JINS
09_172966
画像引用:UNIQLO

次に、ロケーション。直感で、ヌケ(背景)は自然の緑に決めた。
後から論理的に考えると、緑のボケ足が安心感を与えるといったことかもしれないが、この思いつきは単なる直感である。

おしゃれなオープンカフェで対面コンサルしている様子をとるプランも考えたが、カフェでの撮影では費用もかかるし、じっくり撮影できないので断念。

僕の自宅の庭か、街中の緑を探してとるかになり大阪駅近辺で撮影することにした。撮影の前日にロケハンして撮影できそうなところをピックアップしておいた。

いざ撮影

naririn_nasu-note_cool

撮影日は運よく快晴、良い光源で撮影ができた。
冬は日が暮れるのが早いのと昼から天気が心配だったので、大倉さんになるべく早めに来てもらった。

シャツはもう少し大きめのギンガムチェックがよかったがOK。メガネも指定したものを用意してくれていた。

しかも、大倉さんの機転で反射防止のためにメガネのレンズを外してくれていた。あとでPhotoshopで加工できるがレンズがない方がひと手間なくなるのでありがたい。

髪型は、僕が若干ワックスで整えた。
準備完了し、いざ、フルサイズ一眼レフをもって、大倉さんを連れ回し撮影ラッシュ。

撮り終えたら1,077枚だった。途中でもう良いのが撮れた確信があったが、はじめての仕事で不安だったからシャッターを切りまくった。

300枚を超えたあたりから大倉さんがすごいリラックスし出して、良い表情になった。
途中笑顔の写真が欲しくて「嫌いな人は誰ですか?」という質問をするとすごくナチュラルな良い笑顔になった。

これだけ枚数を撮影していると大倉さんの一番良いアングルが見えてくる。ズバリ、大倉さんは「正面」が良い。

naririn_nasu-note_smile

画像レタッチ

若干、写真をレタッチ(画像補正)をしている。大幅なウソはNGだが、自然によくするのはOK。

画像比率をワイドにし、植物の緑色を強くしている。
全体的なコントラストを強めにし、重厚感をだしている。目にハイライトを追加、眉毛は左が薄かったので少し増毛している。

naririn_retouch_beforeafter

仮設ロゴとコピーも提案する。

大倉さんのwebサイトにタイトルがあったのだが、小さすぎて目立っていなくて全く効果がなかった。

タイトルである「話すのが苦手でもトップセールスになれる営業術」これが大倉成人さんを一番表現しているのに。これを大きくしたい。

ロゴだけで注文してもらうとかなり予算オーバーになるので、打ち文字だけでつくった「仮設ロゴ」を提案。

テキストにちょっと細工しただけなのですが、だいぶ見え方は違ってくると思う。

↓ タイトルが小さすぎて、機能していない。

naririn_nasu-note_before_s-2

 ↓だから、仮設ロゴを提案。ブルーも写真のトーンに合わせて紺色に。

naririn_kasetsu_logo

 ↓その他サイトのデザインも写真に合わせて変更してもらっている。

naririn_nasu-note_before_kai

なお、サイトのロゴ調整でWEBデザイナーの石上さんにも協力してもらっている。感謝!

さらに、TOPページにあった「一般論じゃ本当の売れない理由はみつけられません」というコピーが若干遠回しで機能してない気がしたので、もっとストレートなものが良いと感じたので提案した。

ただ、コピーや文章に関して僕は自信がなかったので、販促ディレクター経験がある世良純子さんと、人気ライターの浜田綾さんに協力を求めた。

世良さんがコピーの方針をディレクションし、リードも書いてもらった。
浜田さんがコピー案をたくさん出してくれたり、リード文を短くしてもらったり調整してもらった。数案の中から、大倉さんがピンとくるものを選んでもらった。

というわけで現在、営業コンサルタントである大倉成人さんのTOPページはこのような感じになっている。

naririn_site_fix

我ながら、大倉さんの強みが伝わるものになったと思う。

なんと、TOP画像を変えてすぐ、4件のメルマガ登録者が増えたって!

アートディレクションであなたの魅力はもっと伝えられます。間違った見せ方をしている人は逆宣伝です。

サイトを良くしたい方、プロフィール撮影&WEBサイトのアートディレクションのご相談をお待ちしています。